双極性感情障害Ⅱ型との生活12年目

ウルトラウルトララピッドサイクラーで毎日気分が変わります

自己中

つらいをつらいと伝える。


内面の不調を伝えることは言わない方がいいと思っているのに、調子が悪い時なのか普通な時なのか自己判断出来ないときやらかしてしまう。挙句、不快にさせてしまう。自己嫌悪に陥り意味不明になる。


鬱期が長い時は、何カ月かかけて少しづつ出来なかったことが出来るようになる。嬉しい反面また出来なくなり悔しい思いの繰り返し。大丈夫って何度も言い聞かせて乗り越えてきた。


今は、どうしたら良いのかわからない。ベストは何だろう。不調なのだから家で休むことなのだろう。家で休めば社会との疎遠と生活困難で動けない自分を責めてしまう。動ける時間があるからこそ、少しづつの感覚を味わう猶予がない。出来る時は出来る、出来ない時は落胆の方が多いのです。


私は病気のせいにして甘えてるようです。ごめんなさい。自己中だよね。無い物ねだりのわがままですね。

解決策…体調悪い時を把握出来るようになる。害を少なくしていきたい。


ここからは言い訳。

支離滅裂、正論もあり。

誰でもつらいことがあるのはわかってるのに、自分が不調であれば周りのこと考える余裕ってなくなりませんか?それは、病気に向き合う時間ですよの合図ではないでしょうか?そう考えると時間が長い分、余裕のある時間が少ないのかもしれません。結果、自己中、傲慢が生まれていると推測しました。


悪い所は指摘して欲しい。指摘されることでまだ「大丈夫」って教えて欲しい。物凄い甘え…自己中。治療。


自分の事嫌いで自己中でも、出来るだけ波風立てたくない。周囲へ不快な思いを与えることが、少なくなることが私の1番の願いです。周囲を巻き込みたくないのです。


きっとたくさん

間違えています。

間違えは

教えてください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。