双極性感情障害Ⅱ型との生活12年目

ウルトラウルトララピッドサイクラーで毎日気分が変わります

未熟な大人達の会社です

未熟な大人達で出来ている会社。私もその一人です。


休憩時間を設けて頂いたが食事を取る時間がありませんでした。

電話対応を変わって頂いたから確認の電話、そして折り返しご連絡。


その時、私の声の様子に気づき連絡してくれました。


心配していると誰もが疑わず思うだろう。


が、未熟な大人は自分の業務の割り方、量など言ってきた。未熟な私は時間割ご出来ていないから時間が足りないと言いたいのだろうか。未熟で要領が悪いと思っているのだろう。

私は要領は比較的良い方だったのだが年とともに鈍っているのかな。


私の心の声。休憩時間中に何回も連絡してきたら結局休めません…。結局食事の時間は取れませんでした。


・未熟な大人は、溜め込まないで言えばいいと言いました。

・更に、ストレスは私より年上だから解消出来るでしょう。


皆が好き勝手に発言したら、未熟者の集団には前が見えなくなります。我慢できないわがままな事も出てきます。これは酷いと言う事しか言わない。

心の声。言わないという事も大切な事だと想います。


ストレス発散は、ある程度の年齢になったら変わらないとおもいます。上手く発散できる人、できない人、これは年齢ではないと思います。方法も様々なように。

私は、誰かと話す事で笑顔に戻れていました。今は、友達がいないので毎日ストレスは飲み込んで明日に繋げます。あと独り言。


そして未熟な大人は、最後に明日もわからなかったら折り返しにするからと。


結局、休憩時間も拘束です。


その事に気づかないくらい自分中心です。


根本的に私は仕事が遅いからと見下しているような態度をとられています。あえて反論しないので仕方ないですけど。


言った言わないは良くない事だと思うので、その都度対応してきましたが、さすがにミスがあると私を疑い、指摘され、調べた結果違っても何もフォローのない会社。挙句、処理しておいてと。

感謝の気持ちは大切です。

謝ってほしいわけではない。ありがとうは必要だと思います。


その後、気持ち良く業務ができますし。

それを望む事が1番未熟でしょうか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。